最安値は公式サイト!

初回限定2,980円キャンペーン中!
※リンクが開かなかったらキャンペーン終了しています。

一番お得に購入する

ヴィオテラスCセラムの全成分を解析@副作用や安全性も徹底調査!

この記事でお伝えすること

  1. 「ヴィオテラスCセラム」の全成分
  2. 「ヴィオテラスCセラム」の副作用
  3. 「ヴィオテラスCセラム」の添加物

など「ヴィオテラスCセラム」の成分についての解析や安全性など副作用について解説していきます。

ヴィオテラスCセラム(ビオテラスC)の全成分表

ヴィオテラスCセラム 副作用

写真だと分かりづらいと思うので文字に起こすと以下の通りです。

水、エトキシジグリコール、DPG、3-グリセリルアスコルビン酸、グリセリン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ユビキノン、グレープフルーツ果川油、エチルヘキシルグリセリン、PEG-60水添ヒマシ油、水酸化K
参考:ヴィオテラスCセラム「公式サイト」

実際に詳しく成分や原材料について解説していきます。

ヴィオテラスCセラム(ビオテラスC)の安全性を調査|副作用はあるの?

ヴィオテラスCセラムは、お肌に使う美容液だから安全性が心配ですよね?そこで、先述した成分表をもとに「副作用」「安全性」など詳しく解説していきます。

ヴィオテラスCセラム(ビオテラスC)に副作用はあるの?

ヴィオテラスCセラムは、医薬品ではなく化粧品扱いになるので副作用の心配はないです。

ただ、人によってはお肌に合う合わないもあるので、赤みが出たりお肌が荒れる場合は、使用を中止しましょう。

ヴィオテラスCセラムは敏感肌でも安心!「6つの無添加処方」

ヴィオテラスCセラムは、敏感肌の方でも安心して使えるように以下の6つの無添加処方です。

  1. パラベン
  2. アルコール
  3. 合成着色料
  4. 合成香料
  5. 石油系界面活性剤
  6. 旧表示指定成分

お肌に危険な界面活性剤などの添加物が使われていないので安心して使うことができますね!

ヴィオテラスCセラムに低刺激のビタミンC誘導体を使用!

ヴィオテラスCセラムなどのビタミンC誘導体美容液は、お肌がピリピリするなど刺激が強い商品もあります。ヴィオテラスCセラムは、主要成分に低刺激な「APPS(ビタミンC誘導体)」を採用しています。

実際にヴィオテラスCセラムの口コミをみても、「ピリピリ感がない」「敏感肌でも使える」という口コミがたくさんありました。

ヴィオテラスCセラムは低刺激な成分を採用しているので、敏感肌の方でも安心して使えますね!

ヴィオテラスCセラムは安心の国内製造

ヴィオテラスCセラムは、徹底した品質管理で厳しい基準をクリアした国内工場で製造しています。衛生面や品質管理に不安が残る海外の工場ではないため、異物混入などの心配がないので安心ですね。

まとめ

ヴィオテラスCセラムには結論として副作用が心配になるような成分は含まれていません。

ただ、お肌に合う合わないなど個人差もあるので、心配な場合はパッチテストをするようにしましょう。

もし、評判などを知りたい方のためにこちらでヴィオテラスCセラムの口コミをお伝えしています。合わせて参考にしてみてください。

ヴィオテラスCセラムの口コミ@40歳主婦が効果を検証!【VIOTERA S】
タイトルとURLをコピーしました